NY201608TakahiroYamamoto

10pic.gif

10pic.gif
GALLERY KOGURE NEW YORK

Takahiro Yamamoto solo Exhibition

"The genuine truth behind truths"

2016.8.19(Fri)- 9.3(Sat)

10pic.gif

201608GKNY_TakahiroYamamoto_solo.jpg

10pic.gif

■Title
The genuine truth behind truths

■Date
Aug. 19 [Fri.] - Sep. 3 [Sat.], 2016

■Open
11:00-18:00 or by appointment
Closed on Mon

★Opening Reception
Aug. 19 [Fri.] 17:00-19:00

■展覧会名
The genuine truth behind truths

■会期
2016年8月19日(金)- 9月3日(土)

■時間
11:00-18:00 または 予約制
月 休廊

★オープニングレセプション
8月19日(金) 17:00-19:00

10pic.gif
Ever since Yamamoto was a small child, He was afraid that the world seen by me might be different from the one seen by the others. His devolution to realism paintings was a means to get over this fear. By sharing perceptions of the world with the others through his paintings, he has been gradually eliminating his fear as well as the ambiguity of his own existence. However, as he got closer to the limit of paintings in terms of accurately reproducing visual images, another problem of perception emerged, that is, the question that the means of expression should be paintings or pictures. It is often the case that pictures are better means of expression than paintings in terms of replicating images. Also, any means of expression that replicates images tends to be categorized as a picture, rather than a painting.

The more he devotes himself to ultimate realistic paintings, the less the works he completed are recognized as a painting. Therefore, Yamamoto came to strongly become interested in "recognition by a human" and serialize his works questioning the reality in the social where what is the real thing (the original) is not understood anymore.

Main series of this solo "Re-view" series is a metaphor for the recycling of information, such as accumulated, referred, cited or tagged information, all kinds of personal information utilized by people sometimes as victims but in other times as perpetrators, and the use of such information relentlessly recycled even after the person's death for eternity. In the series, we may get a glimpse of reality in terms of information society we live now. Thanks to the development of Internet, stupendous amount of past information are available with one click. While we benefit from the information society, personal information splattered across the world just keep on accumulating in the public domain. Once information is published, no one can control it, and they are often saved in unexpected places and remain there even after the actual publisher dies. Furthermore, even if information are something that the owner prefers to be forgotten, they are easily taken out from obscurity and, at times, modified.

On the other hand, Yamamoto steped on the wrongdoer who altered the motif progressed satisfactority to express about the temperimg the truth in new series "Deconstruction". Both serieses are asking a question for situation that people cannot recognize what is original (The genuine truth behind truths) because of much processed information.


GALLERY KOGURE

10pic.gif
山本は幼い頃から、自身に見えている世界と他者に見えている世界が異なっているのではないかという不安につきまとわれ、それを解消する手段としてリアリズム絵画に打込んできた。作品を通じて他者と認識を共有することで、不安も、自身の存在の不確実さも少しずつ解消されてきたようである。しかし、より高い精度での視覚の再現を目的として絵画の限界に近づくほど、今度は表現媒体が絵画なのか写真なのかという別の認識の問題が生じてきた。往々にして写真は絵画よりもイメージの再現に長けているものであり、またそのような条件を満たしているものは写真にカテゴライズされがちだからだ。

究極の写実絵画に打ち込めば打ち込むほど、完成するものは絵画として認識されないことから、山本は「人の認識」について強く関心を持つようになり、もはや何が本物(オリジナル)であるかわからなくなっている社会の現実を問いかける作品をシリーズ化するようになっていった。

この個展で主となっている「Re:View」シリーズは、故人達の古い肖像写真を用いることで、ウェブ上に蓄積、参照、引用、タグ付けされ、時に誰もが被害者にも加害者にもなって悪用される個人に関するあらゆる情報や、当人の死後も半永久的に続いていくそのリサイクルのメタファーを表現している。そこに私達の生きる情報社会に於けるある種のリアリティを見る事ができる。インターネットの発達により、膨大と化した過去の情報は、簡単にいつでも取り出すことができる。情報社会に生きる私たちはその恩恵を受けるとともに、まき散らされる個人情報は日に日に増え続け、一度ウェブに上げてしまうとコントロールが難しく、しばしば発信者の意図しないところへ保存され、発信者の死後も存在し続ける。そしてたとえ発信者にとって忘れ去られたい情報であったとしても、忘却の彼方にあった過去は容易に引きずり出され、オリジナルは時に変容させられる。

また、新シリーズ「Reconstruction」では、モチーフへの忠実なリアリティーを追及した「Re: View」シリーズとは真逆に、作家自身がモチーフを都合よく変更、装飾し、加害者的な立場となって、真実の改竄をリアルに表現している。いずれのシリーズも、もはや何が本物(オリジナル)であるかわからなくなっている現実の中で、本物(真実の中に隠された本当の真実 –The genuine truth behind truths-)とは何かを問いかけている。


GALLERY KOGURE

10pic.gif

10pic.gif

10pic.gif